AED(自動体外式除細動器)

 

AED(自動体外式除細動器、Automated External Defibrillator)は心電図を自動的に解析し、必要に応じて電気ショック(除細動)を行うことができる装置です。

かつては医師、歯科医師しか使用できませんでしたが、2003年の救急救命士法改正により救急救命士が、2004年7月からは一般人が使用できるようになりました。

これにより駅、空港、学校など公共施設に広く設置されるようになりました。

      どのようなときに使用できるか?

 

心室細動(VF)もしくは無脈性心室頻拍(pulseless VT)のときに使用できます。

心室細動(Ventricular fibrillation)とは本来全身に血液を送り出している心臓の心室が小刻みに震え、血液を送り出せない状態に陥った状態で心停止の一つです。

無脈性心室頻拍(pulseless ventricular tachycardia)は、心室頻拍の中でも脈のないものです。心室頻拍とは、心室性期外収縮が3回以上連続した場合を言います。

AEDはこれらの症状に対して、心電図を自動で解析することにより必要と判断された場合にのみ、電気ショックを行います。これらの症状以外の場合は、AEDは作動しません(除細動を行いません)。

ですから、”この方には使って大丈夫なのかな?”という心配はいりません。

 

      AEDの使用法

 

 電源を入れる

電源を入れます。蓋を開けると自動で電源が入る機種もあります。

 電極パッドを貼る準備

上半身の服を脱がします。脱がすのに時間がかかる服は破ります。傷病者の汗をふき取る。同時にネックレス・湿布などは取る。

体毛が濃い場合は剃ります。電極パッドが2組以上入っておれば、1度パッドを貼り、体毛ごと剥がします。体毛が除去できましたら、新しい電極パッドを貼ります。

 電極パッドを貼る

電極パッドを貼る位置は、基本的には右胸(鎖骨の下)と左胸の下に貼ります。体に傷がある場合はやけど防止のためにその部位を避けます。またペースメーカーを使用されている傷病者は、そこから2〜3センチ以上パッドを離すようにしてください。

 心電図解析

パッドを貼るか、解析ボタンを押すと(機種により異なる)、「傷病者から離れてください」といった内容のアナウンスが流れますので、ただちに傷病者から離れます。傷病者には手を触れずに心電図の解析を待ちます。

 電気ショック(除細動)

「電気ショックが必要です」とアナウンスが流れると、自動的に充電を開始しますので、傷病者から離れていることを確認し、電気ショックボタン(赤やオレンジ色のボタン)が点滅しますので、アナウンスに従い押します。その後はただちにCPRを再開します。

「電気ショック不要です。」のメッセージが流れるとCPRを再開します。

除細動により細動が消失した後は心停止している場合が多いので、CPRを継続します。

 

 トップページ

 当院について

 診療内容

 設備

 診察時間

 アクセス

 院内感染対策

 メディアでの紹介
   院外活動

 新着情報

 よくあるご質問

 お問い合わせ

 医療関係者の方へ

 リンク

 子供さんから
   いただいたお手紙

 スタッフ紹介

 院長ブログ

 院長の遊び場

 心肺蘇生法

 AEDの取り扱い

 骨粗鬆症と抜歯

 病気・からだのお話

 海外技工物問題

 海外技工物問題2
       ベリリウム

 医療費控除

有資格者の方

 歯科医師

 歯科衛生士

 歯科技工士

 看護師

資格なし・学生の方

 歯科助手