ドライマウスセラピー

 

お口の中が粘つく、乾燥して飲み込みにくいなどの症状を感じたことはありませんか?

ドライマウスとは口の中が乾燥した状態のことです。ドライマウスは原因となる基礎疾患がある場合もあれば、病気ではない場合もあります。

ドライマウスを疑われる場合は、専門外来の受診をお勧めします。

 

      唾液とは

 

まずは、お口の中の保湿を担っている唾液についてお話します。

唾液は、pH約7.0の弱酸性で無色透明の液体です。1日の分泌量は1.0〜1.5リットルと言われています。

 

      唾液の働き

 

 抗菌作用・殺菌作用

唾液中には、多くの抗菌・殺菌成分が含まれています。

 粘膜保護作用

唾液には、食物などと粘膜が擦れて傷がつかないように、潤滑剤の役割があります。

 自浄作用

食物残渣や細菌が、口腔内に停滞しないように、洗い流す作用です。

 緩衝作用

唾液には、お口の中のpH(酸性・アルカリ性)をほぼ一定に保つ作用(緩衝作用)があります。万一、大きく酸性に傾いたりしますと、虫歯になりやすい環境になってしまいます。

 消化作用

デンプンが口腔内で、デキストリンやマルトース(麦芽糖)に分解されます。これには、唾液中の消化酵素、アミラーゼによるものです。

 

      唾液はどこでできるのでしょう?

  

唾液を作っているところは、唾液腺と呼ばれ、導管を経由して、口腔内に開口します。その唾液腺は大きく、大唾液腺と小唾液腺に分けられます。大唾液腺は、耳下腺・顎下腺・舌下腺の3種類です。それ以外の小さい唾液腺を小唾液腺と呼びます。

耳下腺で作られた唾液は、ほっぺたの内側(上顎の第2大臼歯相当部位)に耳下腺乳頭と呼ばれる開口部があります。

顎下腺、舌下腺で作られた唾液は、舌の下の舌下小丘と呼ばれる場所に開口します。

      ドライマウスの検査

 

 唾液腺機能検査(ガムテスト・Saxonテスト)

 血液検査(自己抗体検査)

 

      ドライマウスの治療

 

続く

 

 トップページ

 当院について

 診療内容

 設備

 診察時間

 アクセス

 院内感染対策

 メディアでの紹介
   院外活動

 新着情報

 よくあるご質問

 お問い合わせ

 医療関係者の方へ

 リンク

 子供さんから
   いただいたお手紙

 スタッフ紹介

 院長ブログ

 院長の遊び場

 心肺蘇生法

 AEDの取り扱い

 骨粗鬆症と抜歯

 病気・からだのお話

 海外技工物問題

 海外技工物問題2
       ベリリウム

 医療費控除

有資格者の方

 歯科医師

 歯科衛生士

 歯科技工士

 看護師

資格なし・学生の方

 歯科助手